2021年04月06日

雪解け

ついひと月前まで雪が結構ありましたが、
今年は、3月の中旬あたりから暖かい日が続き急に
雪が解け始めました。
家の前の固く残った雪もすぐ解けました。
これからもっと暖かくなりいい季節なるので、外を歩く
機会を増やしていきたいと思う今日この頃です。

IMG_0491.JPG



IMG_1500.JPG

(もみじ台歯科・T)
posted by スタッフ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月23日

窓の結露

みなさんの家の窓は、結露大丈夫ですか?
私の部屋の結露が凄くて困っています。百円ショップで買った道具を駆使し、結露を一度とってから除湿器を使用しているのですが、道具を使用して取っていると雫が下に垂れていき結構苛立ちます。
困っていた私ですが、あるアイテムを入手したことで劇的に苛立ちがなくなりました。そのアイテムとは「ケルヒャー窓用バキュームクリーナー」です。使用している方もいるかもしれませんが、とても優秀で助かっています。結露自体の解決はできていませんが、使用している最中に雫が下に垂れる事が一切ありません。窓の清掃のほか、お風呂場の鏡などにも使用できて便利です。
kadenhin_wv1plus_2.jpg
札幌歯科 U
posted by スタッフ at 13:03| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月16日

焼き鳥

皆様こんにちは。コロナ禍で大変な時期が続いていますがいかがお過ごしでしょうか?美味しいものを食べに行くのが大好きだった私にとっては我慢の日々が続いております 笑
自宅でなにか楽しいことはできないかと考えていたところ、とある物について耳にしすぐさま購入をしました。その購入した物とは焼き鳥器です。焼き鳥が大好きで某焼き鳥チェーン店に足繁く通っていた私にとっては最高の代物です。商品が自宅に届き、食材の下準備をし、いざ焼いてみることに。正直あまり期待していなかった火力も十分にしっかりしておりお肉にもしっかりと火が通り焼き目も良い感じです!お肉だけではなく野菜や海鮮も美味しく頂く事ができました♪とっても大満足でお店の気分も味わう事ができました♪ただ一つだけ残念な点が…コードが恐ろしく短い事です。皆様もし使う事があるようでしたら延長コードのご準備を 笑
まだまだ気軽に出歩く事ができない日々が続くとは思いますが、あともう少しと信じてこんな状況でも楽しめる事を見つけて乗り切っていきたいです!
image2.jpeg
札幌歯科 T
posted by スタッフ at 13:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月08日

ウッドバーニングに挑戦

みなさんウッドバーニングって知っていますか?
木材などに熱線ペンやはんだごてを使い絵や文字を焼き付付けていくことなんですが、
先日、家にあるはんだごてで初挑戦してみました。
最初にしてはまずまずの出来なのかなと。
このまな板をもってキャンプに行く日が今から楽しみです.
はんだごて.JPG

札幌歯科 S
posted by スタッフ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年03月02日

アナログなゲーム

コロナ禍になりしばらく経ちますが、外出せずに家族で楽しむために、コロナ禍以降に「おばけキャッチ」「カタン」「ディクシット」を購入しました。瞬間的に判断し瞬発力を使うもの、戦略を考えて陣地を広げていくもの、相手の考えを読んだり、想像力をはたらかせるもの、などそれぞれ面白いです。家族といえど手加減なしです。
アナログなゲーム.jpg
(札幌歯科 S)
posted by スタッフ at 14:02| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月25日

低温調理器とかいう神器

年末のAmazonサイバーマンデーセールで低温調理器を購入した。マッスルグリルさんのチャンネルでも紹介されていてずっと気になっていたが、実際に体験してみると想像以上に素晴らしい物だった。

肉などのタンパク質は熱を加えると50℃あたりから変化を起こし、70℃を超える辺りで固くなり縮み、肉汁を失なってしまう。科学的に最も柔らかく理想的な変化を肉に与える温度が55℃〜58℃辺りというわけだ。低温調理器とは容器に張ったお湯を狙った理想的な温度にキープしてくれる機械だ。

調理工程はフリーザーバッグに食材を入れてから低温調理器により理想的な温度をキープしたお湯につけおくだけ。密封された状態での調理のため、旨味、水分、栄養分が逃げず、どの部分も全てミディアムレアで仕上がる事になる。理論上では理解できるが、実際に食すとその旨味と柔らかさは想像を超える。

今まで自分が焼いてきた肉達、彼らがどれほどの旨味と水分を失っていたかを知り、罪悪感すら覚える。鶏胸肉なんかはその最たるものかもしれない、「パサパサの鶏胸を筋肉のために我慢して食べる」よく聞く話だが、そんなのは命に対して大変失礼な事だ。だが低温調理器という革命が起きた昨今、鶏胸がパサつく時代は終わろうとしている。低温調理した鶏胸はかつて失われていた水分と旨味を失う事無く、本来のポテンシャルを初めて発揮する、結果素晴らしく美味。むしろ鶏胸肉が一番旨くなる、低温調理器を手にした者は鶏胸肉の本来のポテンシャルを知る事になる。

塊肉なども低温調理器の得意とする肉、調理しづらいためかよく売れ残って半額まで値段が下がっているが、それを購入し低温調理器にかけるのもまた美味。コスパも素晴らしく廃棄も減って良し。低温調理はこれから新たな調理法の一つとして広く一般に普及していく事になるだろう、少なくともトレーニングをしていて日常的に肉を常食する人にとってはマストの「神器」となるはずだ。

きたく歯科H

花田写真.JPG

花田写真2.JPG
posted by スタッフ at 21:30| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月17日

プリンのある幸せ

自分へのご褒美としてプリンを作りました!
プリンは私の好物の1つなので気が向いた時によく作ります。
プリンは最低限牛乳と砂糖、卵の3つの素材でできますが、
私はいつも砂糖と牛乳、生クリーム、卵、
バニラエッセンスの5つの材料を使っています。
また、私はプリン作りでいつもオーブンを使っています。
オーブンで作るプリンはオーブンの気密性の関係で上は硬めのプリン、
下は柔らかいプリンになります。
気になる方もいると思いますが、
私個人としては1つのプリンで2種類の食感を楽しめるので気に入っています。
出来立てのプリンはプルプルを通り越してトロトロです。
その出来立てアツアツのトロトロプリンをふーふーと冷ましながら食べるの
プリンを作った者の特権であり、オツな食べ方です!
今回は我が家で定番のパウンドケーキのガラス型を用いたプリンを作りました。
自分の食べたい量のプリンを掬って食べるのはなんとも贅沢であり、幸福です。
ただ、ついつい取り過ぎて食べ過ぎてしまうのが玉に瑕ですね!





下廣プリン.jpg



きたく歯科   S
posted by スタッフ at 09:16| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月09日

ミニマリズム

11月から初めての一人暮らしを始め、ミニマリズムな部屋にしました。
ミニマリズムは、最低限を意味します。
時に、ミニマリストを物を持たない人とイメージしますが、本来は“自分にとって大切な物に集中する事”だと思います。
テレビや置物など私にとって不要な物を排除し、趣味の音楽のスピーカー・ヘッドホン・コンポを揃えています。
不用品がある雑多な部屋では思考がまとまりづらいですが、
ミニマリズムでシンプルに統一された部屋は自分に本当に必要な物・事に集中できるのでオススメです。
招待した人からは何もない冷たい部屋だと言われますが、綺麗で音楽が流れている最高にチルい空間です。
ただ、財布のミニマムはマキシマムにしたいです。


石崎写真1.JPG

石崎写真2.JPG


きたく歯科I
posted by スタッフ at 16:18| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

胡蝶蘭

家で過ごす時間が増えている中、気分を切り替えるために胡蝶蘭の花を育てています。
咲き終わった株を育てるのですが、葉が3枚出てきた所でいつも枯れてしまいます。
調べてみると水のやり方、置き場所、植え替えなど色々なコツがあるみたいです。
まだ初心者なので2度咲きは難しいかもしれません。
今度は咲いている蘭を買ってきました。
いつか花を咲かせたいですね。


おざわ写真.JPG

きたく歯科O
posted by スタッフ at 16:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月27日

貼り紙

13443503211511@.jpg

私はお部屋の壁に色々と貼るのが嫌いです。
唯一貼ってあるのがこの一枚です。

今から10年位まえに、友人の親戚のお店に立ち寄った時に見つけました。
なんとなく惹かれてお店の人にお話ししたところ、
快くコピーしてファイルに入れてくださいました。

なんとなく思う通りにいかない時や、気持ちが沈んだ時に見て、
フッと一息いれているような気がします。
ドラマよりもドラマチックな事が自分に起きて、選択肢がなくて、
八方塞がりで、同じ事を何度も何度も考えて、少しも前に進めていなかった
当時の私の心に風穴を開けてくれたのがこの言葉でした。

これから先はそれほど長くはないと思われますが、しんどい時は
またこの言葉に励まされ、
さてここはどう乗り切ろうかと考えて、もう一踏ん張りして、
毎日明るく楽しく、生かされるだけ生きようと思っています。

   (にしく歯科 A)


posted by スタッフ at 13:31| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする