2017年12月12日

思い出のスーパーファミコン

こんにちは。もみじ台歯科Hです。
寒い日も多くなり、足元も雪と氷でだんだん悪くなってきて外出するのが億劫になってきましたね。
外にでてウインタースポーツを楽しむ人もたくさんいらっしゃいますが、私はどちらかというと家に篭ってのんびり過ごすほうが好きです。

さて、そんなインドア派な私ですがそのインドアを更に加速させるものを買ってしまいました。
その名も「ニンテンドークラシック ミニスーパーファミコン」!略してミニスーファミ!

スーパーファミコン(SFC)は1990年に任天堂から発売された家庭用ゲーム機です。当時のゲーム界において革命を起こしたのではないかというくらいのスペックでした(思い出補正入っています)。ちなみに今でこそプレイステーションで有名なソニーのゲーム部門ですが、SFCの開発に関わっていたりします(厳密に言うと違いますが)がそれはまた別のお話・・・

そして今回私が購入したミニSFCは本体を小型化、21種類のゲームソフトを内臓したまさに現代に蘇ったSFCと呼べるものです。画面接続はAVケーブル(赤黄白のケーブル)からHDMIケーブルに。電源はミニUSB接続による供給。しかしコントローラーは当時のサイズそのままを再現、といった古いのか新しいのかよくわからない、でもゲーム好きのツボを押さえてくるようなそんなものになっています。

お値段は7980円。ソフトが21本も入っていると思えばまあ安いでしょう。
マリオカートやゼルダの伝説、ファイナルファンタジーや星のカービィなど・・・
どれもSFCを遊んだことのある人なら思い出を深く呼び起こされるようなタイトルばかりです。

クリスマスも近くなってきましたが、この冬はミニSFCを買って家族や友達、恋人とお家でまったり過ごしてみませんか・・・?
以上、買ったものの未だ一人でしか遊んでいないもみじ台歯科Hでした。

ブログ画像.jpg
posted by スタッフ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする