2018年03月22日

冬山登山

冬山と言うと危険がまっさきに頭をよぎりますし、大変残念な事故もありました。
しかし夏と違って木の葉が散って景色が良く見える、虫がいない、ころんでも汚れない、下山の時はお尻で滑って降りることもできるなどなど、また違った魅力があります。
しかし、いったん天候が荒れると即下山する覚悟が必要です
旭ヶ丘公園から藻岩山山頂へのルートは往復3時間くらいで楽しめ、市街地の景色もよく、なんといっても雪の帽子をかぶったお地蔵さんと会えるのが楽しみです。
頂上はきれいな展望台で、最近はとても外国人が多いのが特徴。
01391cb680d5ab91591e3b1f50b4378c4813f57b41.jpg

01bd1edbd1d99c51588417306958f5f8a0168f43cd.jpg

016e63f45a66c7d3cfb4579c2c6272093a0c1493e9.jpg

手稲山は平和の滝からのルートが一般的ですが、夏でも結構後半の岩ゴロ斜面は相当きつく片道3時間かかります。冬は途中から別ルートになりますが、この日は雪が激しく登山者が少なく、岩ゴロ斜面のところからはラッセルしなくてはならず諦めました
頂上はマイナス17℃だったそう、風が強いと凍傷に注意です。
靴裏にアイゼン装着が必要ですが、アマゾンで2~3千円、手袋は高いけどスキー手袋が必須です!!
012e91c231f1b3768932e1e15b7f8daa8c6f2655b7.jpg017d1aa3bd3fb383bb35a4835cafc5c7c2b84a12e2.jpg
下山のあとは5号線沿いにあるお店「アルタイル」がお勧め
こじんまりしたお店ですがメニューに外れがありません
017d7fdc34a15897806c7ca7c489ef3c0c69c1afe0.jpg
  にしく歯科(E.T)
posted by スタッフ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする