2018年04月02日

白石アカデミー

2018年3月16日(金)に「白石アカデミー4th」こと第4回白石区民医連事業所の学術運動交流集会が開催されました

病院、介護、薬局、歯科など白石区の民医連の事業所が集まり毎年取り組まれます

今回のテーマは「地域」です
・私たちの事業所の「地域」についていろいろ考えよう
・民医連事業所の活動や地域での役割を学び、連携を強化しよう

というのを基にいろいろさっぽろ次のような講演や演題発表が行われました
↓↓

☆記念講演
「個々の事例と近隣地域を深く知って、民医連事業所の役割を考える」
札幌病院佐藤副院長

☆演題発表
「地域に根ざした介護予防活動をめざして」
「在宅支援における通所リハビリの役割発揮〜アウトリーチの試み」
「北海道保険企画における無低診療患者訪問の取り組み」
「姉妹で話し合い決めた終末期のイメージ」
どれも興味深いタイトルです


☆地域から
「民医連に期待すること」

職員ばかりでなく、友の会の方、町内会の方も参加されました
    

札幌歯科からは「保険で良い歯科医療の取り組みと最新の保健医療」の発表でした
当院の歯科技工士さんからの発表です
DSC_0185.JPG

閉会あいさつで笠井所長がまとめています
DSC_0188.JPG

とても勉強になることばかりで、ぜひ今後に活かしていきたいなと思いました

(札幌歯科 スタッフ)
posted by スタッフ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする