2019年01月01日

「カメラと父と私」

 80歳を超えても仕事を続けていた父が、この夏から車椅子になった。要介護3。
それ以降、たびたび実家に帰り、介護や今後の相談をしていて、あっという間に冬が
きたような気がする。

 そんな中で、10月にリフレッシュをかねてカメラ撮影旅行に出かけた。
多少はこんな時期に私だけが楽しんでいいのかな?という負い目はあったが、実際
行ってみると、好条件に恵まれ、生涯忘れられないような景色を目にした。
 シューパロ湖、トマム、オンネトー、毎朝3時半に起床するそのツアーは今まで
みたことがない北海道の自然の神秘的な姿を見せてくれる絶景ツアーだった。

 私が帰省すると父は必ず、「何か写真を撮ってきたか?」と聞くほど、写真好き
で、私がカメラをやるようになったのも、父の影響が大きい。今回もこの写真を
父に見せたところ「仕事を長くやり過ぎたな。もっと早くにやめて、カメラの旅に
出れば良かったかな。」と本音がポロリ。仕事一筋だった父との思い出は殆どなく
むしろ、私がカメラをするようになってから、会話が弾むようになった気がする。

 <父と一緒に撮影旅行もして見たかった>声に出すことは出来ないが、そんな
気持ちが沸いてきた。

(にしく歯科 Y.Y)

44453017_1355233981275148_1575896541116235776_n.jpg46486215_1372111012920778_1210810972197879808_n.jpg47216983_1383292011802678_6760305685277179904_n.jpg
posted by スタッフ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする