2019年06月11日

「至福の時間」

令和が始まって1ヵ月が過ぎ、2019年はもう半分が終わりましたね。
月日というものはどうしてこうもあっという間なのでしょう。
ボーっと過ごしていたらもったいないですね、気を引き締めて日々の生活を送りたいと思います。

先日、余市までドライブに行き念願の!うに丼を堪能してきました。
その日は5月だというのに最高気温が32度を超え、とても長時間外にはいられないくらいの猛暑でした。

入店したのはお昼のピークが過ぎた15時頃。もうおやつの時間です。
10分ほど待ち、前払いをしてテーブルへ。
貧乏人ですが、奮発してうに丼に生いくらまでトッピングしました。
待っている間は空腹との戦い。隣のテーブルで輝いているうに丼から目が離せません。

ついに私の目の前にうに丼が運ばれてきました。
もう、もう、なんて美しいのでしょうか、待ちきれずにまずはうにを一口。

言葉にできない声が漏れました。
鼻に抜ける磯の爽やかな香りと、とろける食感。そして舌に残る極上の甘み。
幸せ以外の何者でもありませんでした。
この幸せを堪能してやる、とゆっくりかみ締めてご飯粒ひとつも残さずいただきました。

また来年も来ようと心に決めました。
食べることは幸せです。

image1.jpeg

(にしく歯科 M)
posted by スタッフ at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする